FC2ブログ

赤さんのMUGEN部屋

地元のおまつり

今日、毎年同じ時期にやってた地元の小学校でお祭りがあったお
と言っても大きくもない普遍的な校庭にそれを埋めるくらいの出店が並んでるのと
中央でのど自慢大会らしきものを自治体がやってるのとぐらいの規模

数百単位で人が出入りしてるレベル、つまりありふれた地域のお祭りってわけですな
で、今年は身内が町内会の関係で出店に強制参加してるとの事なので冷やかしに行くRed

今回の提供物:町内会議事録(Redの予想)から
町人A「大抵ぽてと・やきそば・ふらんくふると塗れだからちょっと違うのにしね?」
町人B「でもなるたけ手間がかからないのがいーなー」
町人C「じゃカップめんとかどうよ?生じゃないから雨で延期くらっても調整効くし」
一同「おk」
→→→→→カップラーメン(ミニ) 販売価格100円

どうしてこうなった

以降はRedのお祭りの短い感想と我が町内会のその後

(;´ω`)「カップめんかー 正直地雷な気しかしないけど・・・まぁ行ってみるか」

現場に到着して最初にやるのは同期さがし
コミュ障こじらせてるRedが特段声をかける目的もなくテキトーに捜し歩いたものの
(=´ω`)(誰にも会えないか 齢24歳にしてこんな小さなお祭りになんて来るわきゃねぇもんなー)

しゃーないので名物でも頂戴しようと『ありきたりな屋台』を探すも・・・
(=´ω`)「少なくね定番屋台、てかそのせいでどこも長蛇の列・・・とても並ぶ気にはなれんお」
どうやらどこの屋台も無謀な個性に走るか手を抜くかの一手だったらしく
ちゃちなゲーム関連かジュースかビールの屋台が軒を連ねる塩梅
でお祭りに来た記念に空いてた屋台からラムネを一本もらってようやく本題へ

(;´ω`)(う・・・うわぁ)
人がまったくいない屋台を遠目に観察しながらRedはカップめん作戦の失敗を確信したお・・・
冷やかしに行くのすら憚られるような始末だったのでどんな感じなのかはご想像の通り
一応、普段親にそういうのを食べさせてもらえない小中学生が買いに来てたけど
傍から見ればただ立ってるだけの簡単なお仕事(大赤字)にしか・・・

結局「顔出したよ」をアピールするために遠くから自分を認識させただけで退却する結果に
たこ焼きも綿あめも屋台自体なかったので何しに行ったのか本当にわからなかったお
片手の既にぬるくなったラムネがより一層悲しさをにじませたひと夏の思い出でした

(=´ω`)「どうやら屋台はいらん個性は出すべきじゃないらしい これ常識ね・・・」
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<あー・・・ | ホーム | 第2004回「この夏、電気代を気にしてますか?」>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |