FC2ブログ

赤さんのMUGEN部屋

海外製量産型の終焉

最近の海外市場におけるキャラクターの公開事情みてるとどうにも掲題がの通り
これまでオロミズ勢の大半を占めていた彼らのパイが無くなっているみたいだね

現代の制作者がこれまでとは違い演出にある程度精を出すようになったのが原因だろうか
Redには改変元になるキャラクターがこれまでの「宇宙意思」「アルシエル」から
大きく弄られていない「オロチ」「ミズチ」に変遷していってるように見えるお

どうにも08年から11年ぐらいまでの海外における改変事情は
偶然マッチしたのが神キャラだったから結果神キャラが量産されたという形だったらしい
「神キャラ」というスペック自体はこれまでただのおまけだったから
いざ自身でキャラを作る段階になった時にそこら辺は初めから触れなくなったのか・・・

実際「最近」公開された海外産オロミズのほとんどは神キャラではないモノばかり
(=´ω`)「これは量産型の終焉であると同時に海外における新しいパターンの登場なのかもね」

MUGEN | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<うちはマダラが幻想入り 第九話 | ホーム | Phoenix Colorful>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |